MENU

増毛スプレーは使わないほうがいい?副作用やリスクについて

 

zoumou 

 

 

育毛グッズの一つとして、通販などで購入された方もいらっしゃるであろう、増毛スプレー。さっと吹きかけるだけで髪の毛が増えるんだったら毎日のケアも大変楽ですし、試してみたくなりますよね。

 

ただ、増毛スプレーには副作用やリスクなどの心配もないわけではないとのこと。購入を考えている方はぜひ一度目を通してみてください!では、見ていきましょう。

増毛スプレーを使うとどうやって増毛されるの?

使ったことがない方もいらっしゃるかと思うので、簡単に説明しますと、増毛スプレーというのはスプレーすると特殊樹脂などの成分が髪の毛一本一本に付いて太く見せてくれる、というものが大半です。

 

一般的にクリニックやサロンなどで増毛を行おうとすると、人口毛を結合させたり人口毛が貼り付けられたシートを頭皮に貼り付けるなど、面倒で費用もそれなりに必要になってきます。

 

それに対して、スプレーするだけととても手軽に利用できるのが増毛スプレーの最大のメリットかと思いますが、育毛や発毛を促進して実際に髪の毛を増やしてくれるというわけではないので、はっきり言ってしまえば“一時的に薄毛を隠す”だけのものです。

 

「時間がないけどどうしても薄毛を隠したい!」という時の最終手段として使う程度にとどめておいた方が良いのではないでしょうか。

増毛スプレーによる副作用・リスクって一体?

いろいろと調べてみましたが、はっきりと「増毛スプレーで副作用が出た」という口コミは見つかりませんでした。ただ、絶対に副作用やリスクがないと言い切れるわけではないので、ご紹介しますね。

 

まず心配されるのは、特殊樹脂などの細かい成分を頻繁に吸い込むことによって呼吸器系に影響が出ることです。スプレーする際にマスクをしたりどんなに気をつけていても、どうしても吸い込んでしまうと思います。たまにならいいですが、毎日のように続けるとなると、やはり体への影響が気になります。

 

洗髪で樹脂が落とし切れず、頭皮に汚れがたまってしまい、頭皮環境が悪化してしまうのもやや心配です。最近は雨や汗にも強いウォータープルーフタイプの増毛スプレーも増えてきていますが、そのタイプだと1回ではうまく落とし切れないことが多いようです。増毛スプレーの成分をしっかり落とすべく複数回シャンプーをするとなると、必要な皮脂まで取り過ぎて頭皮が乾燥してしまう可能性も。洗髪の際についゴシゴシ強めに擦ってしまうと頭皮に傷がついてしまうことも考えられますし、そこに増毛スプレーの成分が入り込んでしまって炎症が起きるということもないとは言えないでしょう。

 

また、増毛スプレーによる直接的なリスクではないですが、「これで何とかなるから、別に育毛とかやらなくてもいいかな」と増毛スプレーに頼りきりになってしまってそれ以外にこれといった薄毛対策をしなくなってしまって、薄毛が進行してしまう可能性があるというのも、ある意味リスクであると言えるかもしれません。

じゃあ何を使って薄毛対策をするべき?

先ほども少し触れましたが、増毛スプレーには育毛剤などとは異なり育毛・発毛を促進する成分が含まれているわけではないので、薄毛や抜け毛の根本的な解決につながるわけではありません。

 

育毛剤は1日2日で効果が現れるものではありませんから、薄毛や抜け毛が気になっているのであれば、増毛スプレーでごまかし続けるのではなく、1日も早く育毛剤や発毛剤での対策を始めましょう。育毛剤などを使っていても増毛スプレーは使えるとのことですので、「どうしても」という時にはスプレーの力を借りましょう。

まとめ

増毛スプレーを使用する際には、上記に紹介した副作用やリスクも理解した上で使うようにしましょう。また、本気で育毛を考えている方は育毛剤での薄毛対策も並行して行っていくことをおすすめします。頭皮のケアは丁寧にやっていきましょうね!